愛知みずほ短期大学(公式)の「生活学科生活文化専攻養護教諭コース」のページです。

生活学科食物栄養専攻

生活学科 生活文化専攻養護教諭コース

  • ホーム
  • 生活学科生活文化専攻 養護教諭コース

養護教諭とは

養護教諭とは

養護教諭とは、どの学校にも必ず在籍している「保健室の先生」のことです。養護教諭は、ケガの応急処置を行うだけではなく、身体測定や健康診断時に医師の補助を行う他、普段の学校生活はもちろん遠足や修学旅行などの校外行事においても、常に専門的な立場から子どもたち一人ひとりの心と身体の健康に気を配り、あらゆるケアを行います。
養護教諭は医師ではなく、治療行為を行うことまでは法律で許可されていないため、あくまでもどのように指導を行えばケガや病気などのトラブルを未然に防ぐことができるのかという視点から養護について考えていきます。
近年は、子ども同士のケンカやトラブルなどが原因で保健室登校となり、多くの時間を保健室で過ごす子どもが増えています。養護教諭は、そんな子どもたちが発するサインにいち早く気付くことができるよう、子どもたちが抱えている不安や悩みと向き合い、日々の学校生活を楽しめるように支援する役割を担っています

養護教諭コースの特徴

様々な現場で活躍できる養護教諭を育成しています

Point01様々な現場で活躍できる
養護教諭を育成しています

近年では、スマートフォンやインターネットが普及したことによって様々なトラブルや事件が横行しており、学校には心と身体に関する様々な悩みを抱える子どもたちが通っていることから、子どもたちの心と向き合いながら精神面を支える養護教諭の需要が高まっています。こうした背景から、保健室の先生として働く以外にも、特別支援学校で障がいを持つ子どもたちに教育を行ったり、健康管理士として病院や薬局、介護施設などで健康維持・改善のために指導を行う他、健康カウンセラーとして一般企業で活躍するなど、仕事内容の幅も広がりを見せています。
本学では、多様化した現場でも第一線として活躍できる養護教諭を育成するために、ケガの応急処置や病気の予防方法などの専門知識はもちろん、子どもたちの心の健康を維持するためのカウンセリング力を磨くために実践的な講義をカリキュラムの中に取り入れています。

様々な現場で活躍できる養護教諭を育成しています

「資格サポートゼミ」で知識・技術ともに優れた養護教諭を目指します

Point02「資格サポートゼミ」で
知識・技能ともに
優れた栄養士を目指します

養護教諭になるためには、小中高等学校・特別支援校等すべての学校において「養護教諭二種免許状」の取得が必須です。さらに、公立学校勤務を希望する場合は、都道府県や政令指定都市などの教育委員会が実施する教員採用試験を受験し、その試験に合格することで養護教諭として採用されます。なお、私立学校勤務を希望する場合は、各学校が定めた試験にも合格する必要があります。
本学では、この試験に向けて資格サポートゼミを開催し、過去問題を中心に総復習をすることで知識を深め、養護教諭として働くために必要な「養護教諭二種免許状」の取得を目指します。また、資格を取得して終わりではなく、資格取得後の結果を基に自分の不得意な分野を克服し、学生一人ひとりが自信を持って就職できるようにサポートを行います。

「資格サポートゼミ」で知識・技術ともに優れた養護教諭を目指します

養護教諭コースで学ぶ2年間

1年次

子どもたちの心身の健康を支える基礎知識を学ぶ
子どもたちの心身の健康を支える基礎知識を学ぶ

1年次では、養護教諭として子どもたちの健康を守るために、健康相談活動や応急処置に関する基本的な知識・カウンセリング技法を習得し、健康課題への向き合い方を学びます。
また養護実践演習では、養護教諭が行う保健管理や保健教育などの活動について、学校保健実習室での演習を通して具体的に学ぶだけでなく、病院での臨床実験を行い、養護教諭としての自覚や意欲を高めるとともに、子どもたちの心と身体への理解を深めます。

2年次

教育現場で活かせる養護教諭としての実践力を養う
教育現場で活かせる養護教諭としての実践力を養う

2年次では、1年次に学習した知識を基に、就職後の現場で必要とされる応急処置やカウンセリングなどの実践的な学習を行います。養護実習・教育実習で実際の現場を経験するとともに、教育現場が抱える問題をテーマとして取り上げ、模擬授業を展開することで、より実践的な技術や考え方を身に付け、「養護教諭としての視点」を養います。
また、教員と学生が一体となり、卒業後の進路に向けて、養護教諭二種免許状の取得や教員採用試験の採用に向けたインターンシップ活動を行います。

代表的なカリキュラム

応急処置A
応急処置A

ケガや病気の予防方法についての理解を深めるだけではなく、学校生活での予期しない事故や傷病に備え、止血法や包帯の巻き方、心肺蘇生法などを身に付けます。また、教育現場が抱える問題をテーマとして取り上げ、学生が指導案や資料を作成し、それに基づいた模擬授業を行うことで養護教諭としての視点を養います。

応急処置B
応急処置B

子どもの健康状態を見極め、病的な兆候を見逃さずに的確な判断を導く「フィジカルアセスメント」の考え方と、基本技術や各症状・外傷に応じた応急処置について学習します。実習を通して専門的な知識や技術を身に付けることで、学校生活で子どもたちの健康を支える養護教諭にとって欠かすことのできない的確な判断力と実践力を養います。

養護概説
養護概説

時代とともに変化する子どもたちの心身の健康に関する問題を把握し、養護教諭の基礎となる教育観・子ども観・健康観について学びます。慢性疾患や心の問題を抱えた子どもへの養護など、養護活動のあり方をゼミ形式で学生同士が意見交換をしながら考え、養護教諭としての視点を養っていきます。また、子どもたちへのカウンセリング技法や保健だよりの作成方法なども演習を通じて習得します。

養護教諭コースで取得できる主な資格

創立から68年間の歴史の中で培った、実践力を育む独自カリキュラムと、資格サポートゼミによる資格取得に向けた支援で、学生にとって大切な2年間をしっかりとサポートしています。養護教諭二種免許状の取得と併せて、ピアヘルパーや維持管理士、赤十字救急法救急員といった資格・認定試験の対策や、学校で保健指導を行う養護教諭の教員採用試験対策なども行っています。

取得できる主な資格一覧

  • 養護教諭二種免許状
  • ピアヘルパー
  • 医事管理士
  • 医療管理秘書士
  • 介護保険事務士
  • 赤十字救急法救急員

卒業生の主な就職先・進路

2018年3月卒業生の就職率は99.1%。毎年、95%を超える就職率を達成している理由は、本学が実施・推進している少人数制・チューター制度にあります。
就職の専任担当者とチューター(担当教員)が連携して三者による定期面談を実施し、学生一人ひとりの進路希望や悩みを丁寧にヒアリング。少人数制ならではのきめ細やかなサポート体制で、就職活動や試験対策などを精神的な側面からも支援しています。

就職先の割合

養護教諭

養護教諭

26.9%

医療・福祉

医療・福祉

23.1%

サービス・営業

サービス・営業

19.2%

医療事務

医療事務

7.7%

企業事務

企業事務

7.7%

進学

進学

3.8%

その他

その他

11.5%

(2018年3月卒業生実績)

主な就職先(過去3年間の実績・一部抜粋)

  • 養護教諭

    桑名市教育委員会、岐阜県教育委員会、愛知県教育委員会、学校法人 愛知江南学園、豊橋市教育委員会、大津市教育委員会、豊田市教育委員会
  • 医療事務・企業事務

    タマキ眼科、医療法人知邑舎老人施設洋洋園、きまた眼科、日本放送協会、横浜冷凍株式会社
  • 福祉職・その他

    医療法人清水会、社会福祉法人サンライフ、TBCグループ株式会社、イオンリテール株式会社