愛知みずほ短期大学(公式)の「新着情報」のページです。

新着情報

新着情報

  • ホーム
  • 新着情報
  • 「生活習慣と身体症状、学業成績との関連について」の研究の紹介

「生活習慣と身体症状、学業成績との関連について」の研究の紹介

その他

2021/01/12

大学生や短大生、専門学校生の成績は、勉強する動機や習慣、生活習慣、運動習慣など、沢山の要因が影響していると考えられます。大学生や短大生、専門学校生の成績向上を目指すためには、このような要因の一つひとつに着目した上で、講義の内容や学生への指導方法を改善することが大切です。
そこで今回は、愛知みずほ大学大学院・名古屋平成看護医療専門学校による「生活習慣と身体症状、学業成績との関連について」の研究を一部紹介します。

学生のGPAや生活習慣などに関するアンケート調査

本研究では、専門学校の学生を対象とし、学生の成績(GPA)の調査や睡眠・アルバイト・趣味・娯楽・身体症状等の状況に関するアンケートを実施しています。アンケートでは、平日や休日、試験前における睡眠・アルバイト・趣味(娯楽)に費やす時間や、睡眠の質・講義中の居眠り・疲労感に関する項目等を設け、学生の成績と生活習慣の関連について調査・分析しています。

学生の成績と睡眠の関連性に関する考察

学生の成績(GPA)を上位群・中位群・下位群に分け、就寝時間との関連性を分析したところ、成績上位郡の学生ほど起床時間や就寝時間が早く、規則的かつ十分な睡眠をとっていることが明らかになりました。また、成績下位群の学生は、平日・休日・アルバイトがある日の全てにおいて睡眠を十分にとっていない人が多い一方、成績上位群の学生は、アルバイトがある日でも睡眠を十分にとっていることが明らかになりました。
なお、睡眠を十分にとっていても日中に眠気があると回答した学生もおり、この論文の作者は、睡眠時間や質だけが成績に影響しているわけではないと指摘しています。学生自身の学習意欲の他、教員による講義内容に問題がある可能性を示唆しており、適切な生活指導や教員の指導技術向上を目指す必要があると考察しています。

学生の成績とアルバイトの関係性に関する考察

学生の成績(GPA)を上位群・中位群・下位群に分けて、アルバイトとの関連性を分析したところ、成績下位群の学生はアルバイトしている割合が高い傾向にありました。また、成績下位群の学生は、アルバイトの時間が長く、試験の1週間前にもアルバイトを行っていると回答した学生が多い傾向にありました。この論文の作者は、アルバイトを行うことで睡眠が十分に取れず、成績に悪影響を及ぼしている可能性があると考察しています。
さらに、学生がアルバイトを行う理由を調査したところ、学生は生活費や学費を稼ぐためにアルバイトを行っているわけではなく、旅行費や娯楽費、交遊費などを稼ぐためにアルバイトを行っていると回答した学生が多い傾向にありました。この論文の作者は、アルバイトを行っている時間が長い学生ほど、学業よりも遊ぶことを優先していると考察しています。ただし、アルバイトが学生の社会性向上などプラスの影響を与えている側面もあることを踏まえた上で、適切な生活指導を行うことの重要性を示唆しています。

今回のまとめ

今回は、愛知みずほ大学大学院・名古屋平成看護医療専門学校による「生活習慣と身体症状、学業成績との関連について」の研究を一部紹介しました。研究内容の詳細は、以下のURLより閲覧することが可能です。

山北 和幸・土田 満「生活習慣と身体症状、学業成績との関連について」(瀬木学園紀要 No.16 2020年3月発行)