愛知みずほ短期大学(公式)の「新着情報」のページです。

  • 受験生の方

    受験生の方

    受験生の方FOR EXAMINEE

  • 在校生・卒業生の方

    在校生・卒業生の方

    在校生・卒業生の方FOR STUDENTS & GRADUATE

  • 保護者の方

    保護者の方

    保護者の方FOR GUARDIANS

  • 企業・地域の方

    企業・地域の方

    企業・地域の方FOR CORPORATES

お問い合わせはこちら

新着情報

新着情報

  • ホーム
  • 新着情報
  • 愛知みずほ短期大学の養護教諭コースで目指すことができる職業

愛知みずほ短期大学の養護教諭コースで目指すことができる職業

受験生情報

2019/09/18

養護教諭を目指す受験生は、養護教諭として就職するために取得する必要がある資格や、資格を取得するにあたり卒業しなければならない学校をしっかりと把握できているでしょうか。養護教諭を目指す場合、小学校や中学校、高等学校のどこに就職したいのかによって入学するべき学校が異なるため、自分自身の目指す就職先に適した学校を選択する必要があります。また、希望職種への就職実績や目指す職業に就職するためのサポート体制についてしっかりと調べた上で、学校選びを行うことが重要です。
そこで今回は、愛知みずほ短期大学の養護教諭コースで目指すことができる職業や、大学を卒業して就職できる職業との違いについてお伝えします。

養護教諭を目指す学生に対して養護教諭コースが行っている支援

愛知みずほ短期大学の養護教諭コースでは、学校で子どもたちの怪我の応急処置を行ったり、健康診断を行って子どもの健康状態を管理する養護教諭(保健室の先生)を目指すための環境が整っています。例えば、実際の保健室を想定して作られた実習室で怪我の応急処置の実習を行ったり、実際の学校現場での養護実習において実際の保健室経営や仕事の流れを学ぶことができます。また、座学では、時代とともに変化する子どもたちの心と身体の健康に関する問題を学び、養護教諭としてのあり方を学生同士で議論することで、養護教諭に関する理解をより深めることができます。さらに、養護教諭になるために必要な資格である「養護教諭二種免許状」を取得するための指導や、学生が志望する学校が実施している試験方法に合わせて対策を行うなど、手厚いサポート体制が整っています。
このように、愛知みずほ短期大学の養護教諭コースでは、養護教諭を目指す学生に向けて手厚い就職支援を行なっており、毎年多くの本学の卒業生が養護教諭として就職しています。

大学と短期大学では取得できる資格が異なります

愛知みずほ短期大学の養護教諭コースと同様に、愛知みずほ大学の養護・保健コースも養護教諭を目指す学生に向けた学習支援や就職支援を行なっています。「同様に養護教諭を目指せるのであれば、短期間で卒業できる短期大学の方が良いのでは?」と思った方もいるかと思います。大学と短期大学では目指す資格の種類が異なるため、ちがいに注意する必要があります。大学では、「養護教諭一種教員免許状」を取得することが可能であり、短期大学では、「養護教諭二種教員免許状」をそれぞれ取得することが可能です。一種免許と二種免許のちがいについては、養護教諭においては指導できる範囲や職務上のちがいはありません。国語や数学など各教科担任の免許は二種免許状の場合は高校で指導することは基本的にできませんが、養護教諭と栄養教諭については二種免許でも高等学校で指導ができます。
では何がちがうかというと、二種免許には教育職員免許法で「管理をつかさどる主幹教諭は、一種免許状を受けられるように努めなければならない」という努力義務があります。つまり、養護教諭として管理や指導をする立場になった場合、二種免許の教員は一種免許を取るように努力しましょう、ということが法律で決められているということです。二種免許の養護教諭が一種免許を取得する方法は、実務経験3年を積み各都道府県の教育委員会が実施する「教育職員検定」で単位を取得する方法のほか、学校の編入・通信課程での単位取得などでも可能になります。スタート時点での職務のちがいはありませんが、将来的には一種を取得するための勉強が必要になる場合があることは知っておくとよいでしょう。
このように、大学と短大卒で養護教諭が就職できる学校や仕事のちがいはありません。そのため、「いつから就職し、勉強をどのように続けるか」をしっかり考えて進学先を選択すると良いでしょう。就職先の学校や自治体によっては、大学卒および短期大学卒で募集要項や待遇が異なる場合もあるため、自分自身の希望の働き方に合わせて大学や短期大学への進学を選択することが重要です。

今回のまとめ

受験生が養護教諭を目指す場合、自分自身の目指すタイミングで働けることや学びの計画に適した学校を選択する必要があります。また、希望職種への就職実績、目指す職業に就職するためのサポート体制についてしっかりと調べた上で、学校選びを行うことが重要です。
愛知みずほ短期大学の養護教諭コースでは、養護教諭を目指す学生に向けて手厚い就職支援を行なっており、毎年多くの本学の卒業生が養護教諭として就職しています。ただし、短期大学では、早く社会に出られる分、スタートの給与は大学卒に比べて年齢が低い分低く始まることが多いこと、就職してから一種免許の取得の努力が求められることについて知っておくことが必要です。自分自身の希望の働き方、学び方に合わせて大学や短大への進学を選択することが重要です。