愛知みずほ短期大学(公式)の「新着情報」のページです。

  • 受験生の方

    受験生の方

    受験生の方FOR EXAMINEE

  • 在校生・卒業生の方

    在校生・卒業生の方

    在校生・卒業生の方FOR STUDENTS & GRADUATE

  • 保護者の方

    保護者の方

    保護者の方FOR GUARDIANS

  • 企業・地域の方

    企業・地域の方

    企業・地域の方FOR CORPORATES

お問い合わせはこちら

新着情報

新着情報

  • ホーム
  • 新着情報
  • 愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科で取得できる資格や就職支援

愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科で取得できる資格や就職支援

受験生情報

2019/10/18


目指す職業が決まっている受験生は、世の中にたくさんある大学や短期大学、専門学校の中からどのような学校を選べば良いのでしょうか。ネームバリューや学習内容だけで学校を選択してしまうと、目指す職業に就くための資格を取ることができなかったり、就職サポートが整っていない可能性があります。そのため、受験生は、進学先候補の学校で取得できる資格や、資格を取得するためのサポート体制、就職活動のサポート体制についてしっかりと調べておくことが重要です。
そこで今回は、愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科で取得できる資格や、就職サポートについてお伝えします。

現代幼児教育学科で取得できる資格

子どもの成長に関わる仕事には、保育所や幼稚園、幼保連携型認定こども園など、様々な就業場所があり、それぞれの職場で就業するために必要な資格が異なります。まず、保育所(通称で保育園と言われることもあります)や児童養護施設など、主に1歳未満から小学校入学前の子どもの保育に対応した施設に就業するためには、「保育士」の資格が必要です。一方、3歳から小学校入学前の子どもを預かる幼稚園に就業するためには、「幼稚園教諭」の免許が必要です。また、教育と保育を一体的に提供する幼保連携型をはじめとする「認定こども園」に新卒で就業するためには、保育士の資格と幼稚園教諭免許を併せて取得することが求められています。
愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科では、保育士の資格と幼稚園教諭免許を卒業と同時に取得することができ、資格サポートゼミを開講して学生一人ひとりに合わせた指導を行っています。その他にも、教育や福祉、保育の場面で人と関わるために必要な基礎的コミュニケーション能力や心理学の基礎を身につけた者として証明される「ピアヘルパー」の資格を取得することができるなど、子どもの教育や保育の仕事に関連した資格を取得することができます。

保育士・幼稚園教諭を目指す学生に向けて現代幼児教育学科が行う就職支援

愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科は、卒業と同時に保育士の資格と幼稚園教諭の免許を取得できるだけでなく、保育職に特化した学習を行ったり、就職支援を受けることができます。講義では、子どもの保育や安全管理など、保育士や幼稚園教諭として働くために必要な基礎知識を学習するとともに、現代社会において保育士や幼稚園教諭が求められる役割について理解を深めることができます。また、学内で保育実習を行ったり、実際に保育所や施設で実習を行うことで、将来の職場で必要となる知識や技術を習得することが可能です。さらに、愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科では、各自治体や運営団体の採用試験に合わせた対策や指導を行っており、学生が希望の保育所や施設へ就職できるようきめ細やかなサポートを行っています。
このように、愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科では、保育士や幼稚園教諭を目指す学生に向けたサポート体制が整っており、現在多くの卒業生が保育士や幼稚園教諭として活躍しています。

今回のまとめ

子供の成長に関わる仕事には、就業先によって取得しなければならない資格や免許が異なるため、志望する学校で取得できる資格をしっかりと調べておくことが非常に大切です。愛知みずほ短期大学の現代幼児教育学科は、卒業と同時に保育士の資格と幼稚園教諭の免許を取得することができます。また、講義や保育実習で、保育士や幼稚園教師としての基礎知識や実践力を高めるとともに、各自治体や運営団体の採用試験に合わせた対策や指導を行うことで、学生が希望の保育所や施設へ就職できるようきめ細やかにサポートしており、現在多くの卒業生が保育士や幼稚園教諭として活躍しています。